ごま酢を1000円以下で

同時に摂取したほうがいいセサミンとビタミンE

血圧が高い人にお薦めの成分としてセサミンが挙げられます。

 

この成分はゴマに含まれている成分で、

 

ゴマを使用している料理やサプリメントなどを使用して摂取する方法があります。

 

その際に同時に摂取した方がよいとされる成分がビタミンEです。

 

この二つの成分は非常に相性が良く、同時に摂取することで相乗効果が得られるとされています。

 

セサミンとビタミンEに共通して見られる特徴は、

 

体の中で発生した活性酸素を減らす抗酸化作用と呼ばれるものです。

ビタミンEとセサミンの共通の特長は抗酸化作用

活性酸素はある程度は体に必要ですが、

 

増え過ぎると体に様々な影響を及ぼします。

 

この活性酸素を減少させることにより、

 

生活習慣病や更年期障害などの症状を遅らせる効果が期待できます。

 

抗酸化作用が強力であることから老化にも一役買ってくれるので、

 

アンチエイジング世代にも人気がある成分と言えるでしょう。

 

しかし、この抗酸化作用と呼ばれるものにも成分によって、

 

効果のあらわれる場所に大きな違いが見られます。

 

セサミンの場合には主に肝臓などの内臓を中心に活性酸素を抑制します。

 

肝臓内には特殊な酵素が存在し、その酵素を使用することにより活性酸素を抑制します。

血管と細胞にも影響する

しかしその酵素は年齢とともに徐々に減っていく傾向にあります。

 

そのため補助的な目的でセサミンを利用すると良いと言われています。

 

一方のビタミンEは、体の細胞膜や血管において効果を発揮します。

 

ビタミンEは血行を良くする作用もあります。

 

血液内の酸化予防を行ってくれるので、

 

血液内の栄養素を必要な部分にしっかりと送り届けることができます。

 

これにより、心筋梗塞や脳卒中などの血管が詰まることにより

 

引き起こされる病気や症状を予防することにもつながります。

 

それとともに、細胞膜でも有害物質が発生しないように作用します。

 

その有害物質とは過酸化脂質と呼ばれるもので、がん細胞の原因にもなる物質です。

 

この有害物質が増えることで、細胞の寿命を縮ませることにつながります。

 

またこの二つの成分は血中にある悪玉コレステロールを酸化からまもる働きがあるため、

 

動脈硬化の予防にも役立つといえるでしょう。

 

このような作用により、この二つの成分を摂取することで

 

血液をさらさらな状態に維持することができるのです。

 

しかしセサミンが作用するのは肝臓の活性酸素を抑制するだけです。

 

血管が酸化するのを予防できるのはビタミンEです。

 

そのためこの二つの成分は非常に良い関係であり、体を守ることにつながるのです。

 

この二つを上手にサプリメントなどを利用して補うようにするとよいでしょう。

 

セサミンとビタミンEを含んだサプリメントの紹介はこちらへ